HOME > 伊勢神宮崇敬会宮城県本部だより

伊勢神宮崇敬会宮城県本部だより

伊勢神宮崇敬会宮城県本部だより

宮城県神社庁・宮城県神社総代連合会では、平成25年斎行される第62回神宮式年遷宮にむけ早速伊勢神宮崇敬会宮城県参宮団を組織し、世界に誇る御遷宮成功のため国民総奉賛、総参宮を推進しています。

平成19年5月21日「奉賛会宮城県本部設立総会」開催

(財)伊勢神宮式年遷宮奉賛会(会長 山口信夫日本商工会議所会頭)の宮城県本部設立総会が5月10日、仙台市内のホテルで開催され、北白川神宮大宮司等の来賓をはじめ、県内の神社関係者など約170人が出席しました。
総会では、同本部規約(案)・役員選任(案)・募金計画(案)等が承認され、本部長には県商工会議所連合会の丸森仲吾会長が選任されました。
参会者は世界に誇る御遷宮成功のため、同本部が目標に揚げた募金計画に基づき、奉賛活動を推進することを誓い合い閉会となりました。

 

平成18年6月3日より6月5日 宮城県奉曳団による「第62回神宮式年遷宮 お木曳き行事(第一次)と南木曽昼神温泉と妻籠の旅」が開催されました。311名の参加を得て一日神領民としてお木曳行事をご奉仕いたしました。同行した神社庁広報委員による旅行記を掲載します。

去る6月21日より6月23日宮城県参宮団による「伊勢神宮と愛・地球博の旅」は、伊勢神宮の素晴らしさと御遷宮の意義を理解していただくため、42名の参加を得て開催されました。同行した神社庁広報委員による旅行記を掲載します。

ページトップへ