HOME > 家庭のまつり > 家庭のまつりQ&A > お正月様(御神像)をお受けになる皆様へ(お願い)

お正月様(御神像)をお受けになる皆様へ(お願い)

毎年、年末になりますと、お正月を迎えるために伊勢神宮や地元神社(氏神様)の御神札おふだと共に、新しいお正月様(御神像)を各ご家庭の神棚にまつるという宮城県特有の伝統神事があります。

このお正月様(御神像)は、スーパーや市場等で販売されているお正月飾り(注連縄しめなわや玉紙等)と違い、大年神をはじめとした神々(大國主神おおくにぬしのかみ事代主神ことしろぬしのかみ五穀ごこくの神・竃神かまがみ)が宿やどる神聖なものとして、古来より御神札おふだと同様に神社から受け、各ご家庭でおまつりされて参りました。

つきましては、この古来より伝承されてきた伝統神事をまもるためにもお正月様(御神像)は、おはらいされた神聖なものを最寄の神社よりお受け戴き、おまつり下さいますようお願い申し上げます。

尚、ご不明な点は、宮城県神社庁までお問合せ願います。

宮城県神社庁
仙台市青葉区本町1-9-8
電話022-222-6663

※御神像の祀り方(順序)は地方やご家庭の習慣でお祀りして下さい。

ページトップへ