HOME > 神道の基礎知識 > 地鎮祭ぢちんさい

地鎮祭ぢちんさい

~その土地の守護神をまつり、工事の無事を祈る祭り~

地鎮祭とは着工の前、すなわち土工事などを始める前にとり行う祭儀で、その土地の守護神をまつり、工事の無事進行、完成と安全堅固な完成を祈る祭です。
地鎮祭は建主が中心となって執り行う祭儀で、かならず工事関係者も参列し、建主とともに工事が無事に進むことをお祈りします。
祭場を設置するには、まず土地の中央に斎竹いみだけと呼ばれる葉付きの青竹を四方に立て注連縄を張りめぐらせる事でその空間は清浄な神域となります。祭場の中央には、神さまをお招きする依代として、榊に麻と御幣ごへいをつけた神籬ひもろぎを立てます。式次第は地域にもよりますが、一般的には以下のように行います。

地鎮祭の式次第

1.手水の儀(てみずのぎ)
2.修祓(しゅばつ)
3.降神(こうしん)
4.献饌(けんせん)
5.祝詞奏上(のりとそうじょう)
6.切麻散米(きりぬささんまい)
7.地鎮の儀(ぢちんのぎ)
 苅初の儀(かりそめのぎ):鎌(かま)、設計者が行う。
 穿初の儀(うがちぞめのぎ):鍬(くわ)、建主が行う。
 地曳の儀(じびきのぎ):鋤(すき)、施工者が行う。

8.玉串拝礼(たまぐしはいれい)
9.撤饌(てっせん)
10.昇神(しょうしん)
11.直会(なおらい)

ページトップへ