HOME > 日本の行事 > 人生儀礼

人生儀礼

~人生の節目ごとに訪れる様々な儀礼のご紹介~

着帯(ちゃくたい)の祝いと安産祈願(あんざんきがん)

「着帯(ちゃくたい)の祝い(帯祝(おびいわ)い)」とは、胎児の健全な発育を願い、妊婦が白布の腹帯(はらおび)(岩田帯(いわたおび))を締めるお祝で、妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日を選びます。これは犬のお産が軽い(安産)ことにあやかりたいという願いからだといわれています。また、この日に合わせて「安産祈願(あんざんきがん)」を行い、無事な出産を神さまに祈願する方も多いようです。
一般的に、祈願の際には氏神(うじがみ)さまに参拝しますが、安産(あんざん)の神さまとして名高い神社などでは、遠方から訪れる方もいらっしゃいます。 

 

初宮詣(はつみやもうで)

神さまのご加護(かご)によって無事に出産を終えたことの奉告(ほうこ)と、子供の健康と成長そして今後のご加護(かご)を願い、初めて赤ちゃんとともに神社に参拝することを「初宮詣(はつみやもうで)(お宮参(みやまい)り)」といいます。地方により多少違いがあるようですが、一般的には男児が32日目(または31日目)、女児は33日目に行います。
初宮詣(はつみやもうで)のときには、赤ちゃんに祝い着(男児は黒の紋付き、女児は友禅(ゆうぜんの晴れ着)を着せ、夫の母(姑)が抱くのが伝統的です。かつては、妻の家が祝い着を調達していましたが、最近ではそういうしきたりにこだわらない方も増えてきました。また、何日目というのも一つの基準であって、どうしてもこの日にしなければならないというものではありませんから、まず赤ちゃんの健康を第一に考え日取りを決めましょう。

七五三(しちごさん)

​七五三(しちごさん)を古くは「髪置(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解(おびと)き」のお祝いといっていました。髪置(かみお)きは3歳の男女児が今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式で、袴着(はかまぎ)は5歳の男児が初めて袴(はかま)を着ける儀式、帯解(おびと)きは7歳の女児が着物の付け紐(つけひも)を取り去り帯に替える儀式です。
現在では、その年齢にあたる子供に晴れ着を着せて、11月15日に神社に参拝し、子供たちの健康と成長を感謝すると共に、今後の健康と更なる成長を祈願する儀礼となりました。
​なお、本来は数え年でお祝いしますが、最近では満年齢(まんねんれい)で行う割合も高くなり、また参拝の日取りも11月15日にこだわらず、その前後の都合のよい日に参拝する傾向が強くなってきました。

人生儀礼その2

ページトップへ