12月

12月(師走/しわす)

正月事始しょうがつことはじめ

古来13日に正月の用意にとりかかるのでこの名がある。

煤払すすはら

正月を迎えるにあたり、神棚や家中を清める。

松迎まつむか

一年間の罪穢つみけがれを祓い、身も心も清々しく新年を迎える準備をする。
古くは13日であったが、現在は28日頃に行う地方が多い。

年越の大祓おおはらい

12月と6月の晦日みそかに行われる祓を大祓おおはらいといい、そのうち12月に行われるものを年越の祓という。半年間の罪穢つみけがれを祓う。
人形ひとがたにけがれを託して水に流してやる、又の輪をくぐるなどの行事がある。
古来神道の最も重要な神事の一つとされる。

年越(大晦日おおみそか

みそかそばを食して祝い、除夜には年籠としごもりといって神社に参詣する風習があり、家にいても眠らない。
静かに慎みをして夜をあかすのが年籠としごもりである。

 

ページトップへ