6月

6月(水無月/みなづき)

夏越なごしのはらい

6月と12月の晦日みそかに行われる祓を大祓おおはらいといい、そのうち6月に行われるものを夏越なごしの祓という。半年間の罪穢つみけがれを祓う。
陽暦の採用後は、6月晦日に行うところと7月晦日に行うところがある。
人形ひとがたにけがれを託して水に流してやる、又の輪をくぐるなどの行事がある。
古来神道の最も重要な神事の一つとされる。

ページトップへ