2014年7月10日

神青協による修祓事業 其の三

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 9:46 PM

神青協による修祓事業   第3回目 を紹介致します。

5月16・17日  北班:本吉郡南三陸町より南下

       

  南三陸町 志津川漁港             南三陸町 荒嶋

            

            南三陸町戸倉 震災記念碑

        

 南三陸町戸倉           石巻市に到達 

 

5月16日  南班:塩釜市より北上

                

  塩釜市 稲荷神社                       松島海岸

 

2014年7月1日

神青協による修祓事業 其の二

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 10:08 PM

遅ればせながら、  第2回目 

を紹介致します。

 

4月26・27日  北班:気仙沼市松崎より南下

      

 階上地区 向洋高校跡       大谷海岸

         

   小泉地区           歌津地区   

 

同両日  南班:名取市閖上より北上

      

名取市閖上 湊神社    仙台市若林区 荒浜小学校跡

     

七ヶ浜町 花渕浜       七ヶ浜町 吉田神社

2014年6月7日

神青協による修祓事業

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 10:01 PM

震災から3年を迎えた現在、宮城県神道青年協議会では、『 修祓 ~沿岸地をゆく~ 』と題し、県内沿岸全域の修祓(しゅばつ)事業を行っております。

この事業には、被災地沿岸をくまなく歩き、その現状を目にすることで心の寄り添いを深め、また災害に見舞われた地を祓い清めることで、そこから生まれる再生の力を願う、との想いが込められております。

3月の事業開始より月2日程度実施、北側は気仙沼市、南側は亘理町より始まり、秋口の県央での合流を目指すそうです。

以下に掲載し、ご紹介致します。

===========================

3月26・27日  北班:気仙沼市唐桑町より南下

       
  小原木 賀茂神社境内       御崎観光港                  

          

             唐桑町宿浦


        
 鹿折地区 二ノ浜            気仙沼漁港             

                   

               弁天町 一景嶋神社

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   同両日    南班:亘理郡山本町より北上

               
 山元町 八重垣神社          山元町沿線          

                

                    山元町 青巣稲荷神社


           
 岩沼市寺島 神明社          岩沼市 沿線         

                   

                   名取市 日和山 湊神社

『雅楽の夕べ 観月会』実施

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 12:14 AM

2014年3月9日

慰霊祭

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 10:32 PM

東日本大震災から、間もなく3年を迎えようとしています。

本日、気仙沼市魚市場屋上に於いて、神社庁気仙沼支部・同市神社総代連合会により浦清めと鎮魂慰霊祭が斎行されました。

祭儀には同市の全ての神職はじめ神社総代などおよそ100名が参列し、参列者皆による浦清めの大祓詞(おおはらえのことば)の奏上と鎮魂と慰霊の祭儀が奉仕され、併せて宮城野雅楽会と鹽竈神社巫女2名によるみたま和めの浦安の舞が奉奏されました。

あの頃より3年が経過してなお震災の傷跡は未だ癒えず、被災者の方々の多くはかつての穏やかな生活を取り戻せずにおります。

図らずも犠牲となられた多くのみたまがこの地に穏やかに鎮まり、復興へ向かう住民をご加護賜るよう、心より祈念致します。

  

2013年11月20日

『雅楽の夕べ 観月会』 開催

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 8:59 PM


「月遅れ十三夜」の17日、亘理郡山元町の坂元公民館にて、「雅楽の夕べ 観月会」が開催されました。

当神社庁教化部は震災後の毎年、秋のお月見に被災地を慰問し、雅楽の演奏をとどける事業を行ってきました。

先の震災で山元町も震度6強を記録。町面積の4割近くまで津波が到達し、600名を超す犠牲者を出しています。

会場となった坂元公民館には、坂元神社(鈴木美智子宮司)の氏子をはじめ地域の市民約50名方が来場。教化部員らが、受付で資料のほか、
御皇室カレンダーとお土産を配布しました。

今回奏者は宮城野雅楽会を中心に、竹駒神社(千葉博男宮司)の神職・巫女5名が駆けつけました。

      

            

演奏は午後5時半に開演し、黒須貫 広報委員長(熱日髙彦神社禰宜)の司会により進行。
管絃・神楽のほか、恒例となった八島比呂 委員(熱日髙彦神社権禰宜)による神話の読み語りは「八岐の大蛇(やまたのおろち)」。
雅楽器の効果音を交え、須佐之男命(すさのおのみこと)の活躍を情感ゆたかに語りました。

           

最後は、唱歌「ふるさと」が来場した多くの市民と一緒に歌われ、なかには傷ついた地域の美しい山河を思ってか目元を押さえる方も―。


閉会にあたり地元の鎮守・坂元神社の鈴木宮司が来場の御礼をのべ、午後7時閉演となりました。

 

2013年10月25日

復興支援活動をいただきました

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 9:30 PM

昨日10月23日、南三陸町 上ノ山八幡宮に於いて、神道青年全国協議会による復興支援活動が行われました。

参加された青年神職の方々は、前日は岩手県にて活動されており、併せて二日間にわたる支援との事でした。

境内には、当日参加も含めておよそ30名の青年神職の方々がお出でになり、
境内の除草、側溝の泥掻き等の境内整備が行われました。

          

    

帰路を考慮し昼までの作業ではありましたが、多くの方々の作業により境内はきれいに整えられ、最後まで近くで見守られておられた宮司様も、大変喜んでおいででした。

南三陸町は、震災により町内殆どが被災地と化し、住民の多くがいまなお仮設住宅で生活をされております。
一日も早く、穏やかな暮らしを取り戻されるよう願います。

神道青年全国協議会の皆様、ありがとうございました。

      境内より町内を望む

 

2013年10月19日

東松島市野蒜にて「観月会」実施

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 9:44 PM

去る10月17日、鳴瀬奥松島ICにほど近い仮設団地「鳴瀬被災者サポートセンター」集会所にて、当神社庁教化部主催による「雅楽の夕べ 観月会」が実施され、雅楽の演奏と神話の読み語りが行われました。

東松島市の社会福祉協議会が一部委託を受け支援を続けているこの団地は、
津波で地区の家屋とともに社殿が流失した白鬚神社(亀廼井宮司)の氏子を含む野蒜地区・東名地区の被災者約200世帯が入居。いまなお悩みや不安を抱えながらの生活を強いられています。

十三夜にあたる当日、会場には宮城野雅楽会(石川隆穂会長)の会員12名をはじめ多くの教化委員が駆けつけ、設営などに携わりました。

演奏が始まった午後6時ごろ、集会所の外、夜空には満月が柔らかな光を落とし、幻想的な雰囲気に。
集まった50余名の市民たちは、物悲しい篳篥や笙の旋律に耳を傾け、優雅な舞に心を和ませていました。

     

           

 

2013年9月21日

雅楽の夕べ 観月会実施

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 4:46 PM

 中秋の名月の9月19日、石巻市相野谷に設けられた仮設飯野川校団地において、当神社庁教化部主催の「雅楽の夕べ 観月会」が実施され、雅楽や神楽の演奏のほか、八島比呂神社振興委員による神話よみ語りが行われました。
 同団地は、津波被害を受けた雄勝町の新山神社(小田道雄宮司)・石神社(千葉秀司宮司)の氏子を含む約25世帯が入居し、震災から2年半を経過した今もなお仮の住まいでの生活を余儀なくされています。
 十五夜に当たる当日午後6時、団地に設営された会場には、小田宮司・千葉宮司をはじめ被災住民約50名が席を埋めました。
 演奏は宮城野雅楽会(石川隆穂会長)会員12名と志波彦神社鹽竈神社巫女が担当し、管絃平調「五常楽」「越殿楽」「陪臚」と、神楽「悠久の舞」を披露。 神話の読み語りでは、八島委員が神話の中から「八岐の大蛇」のくだりを、雅楽器の効果音をまじえ情感豊かに語りました。

      
 

  結びには唱歌「ふるさと」を雅楽器の伴奏で演奏し、集まった市民とともに合唱。夜空には雲ひとつなく、柔らかな月明りのもと、雅な音色を被災地にお届けできたことと思います。

 震災後、秋季に実施されている観月会は、これまで石巻地区・亘理地区(平成23年)、志津川地区・登米地区(平成24年)と、被災地を巡り慰問・支援を行ってきました。本年は引き続き10月と11月にも行う予定です。

2013年8月3日

一景嶋神社 植樹祭

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 11:00 PM

本日、気仙沼市弁天町鎮座 一景嶋神社(神山正志宮司)に於いて植樹祭が執り行われました。

                 

当ブログでも何度か掲載しておりますが、一景嶋神社は地域一帯が被災地であり、全てを流失した神社であります。
今回、イオン1パーセントクラブ『鎮守の森植樹祭』プロジェクトにより、カシ・タブノキ・ヤマザクラ・ツツジ・モミジなど、32種2,000本もの木の苗が寄せられました。

           

始めに神事が執り行われ、これまでの経緯が大神様に告げられ、植樹による鎮守の森の復活と地域の復興が祈念されました。

          

植樹に際しては、横浜国立大名誉教授 宮脇昭先生の熱意溢れるご指導のもと、氏子の方々始め凡そ200名の参加者により境内を囲むように苗が植えられました。

           

 

久方振りの夏らしい好天のもとで植樹行事はつつがなく収められ、皆晴れやかな面持ちでありました。 

今回の植樹祭により多くの方々によって植えられた苗が、しっかりと根付き・育ち、鎮守の森・心のふるさととして地域の方々を支え続けてゆくことを願います。

         

« 前ページへ次ページへ »

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved