2020年7月6日

八坂神社 『夏越大祓式』『茅輪神事』斎行

Filed under: お知らせ,新型コロナウイルス感染症 — admin @ 9:39 PM

去る6月30日、八坂神社(大崎市古川鎮座)に於いて、新型コロナウイルス感染症の収束を願い「夏越大祓式」と「茅輪神事」が執り行われました。

      1 (1)

大祓式は午後3時に執り行われ、修祓の後、斎主以下に切麻の入った包紙が参列者に配られました。
斎主の渡邊昭彦宮司が大祓詞を奏上し、祭員の渡邊美香権禰宜が八針の儀を行うと、清祓にて参列者たちは包紙より切麻と形代(人形)で自らを祓い清めました。

続いて行われた茅輪神事では、渡邊宮司を先頭にして参進し、心の中で「吾れ蘇民将来が子孫なり」と繰り返し唱えながら、初めに左回り、次に右回り、最後に左回りの順で茅輪をくぐりました。

県内では夏越の大祓を執り行う神社もあるものの、大崎市内では夏越の大祓を行っている神社がなく、八坂神社としても「夏越大祓式」と「茅輪神事」が執り行われるのは初めてとのことです。

参加する氏子の方々も初めての参列で、当日は茅輪をくぐる際の作法を示した看板や「疫病退散 感染症終息祈願」の幟旗などが設置されました。
神社の社殿前に設置された直径3メートルの大茅の輪は神社の氏子総代会により初めて奉納されたもので、諏訪大社(長野県諏訪市)での奉職経験のある宮司に指導を受けながら、神事の10日ほど前から15名の方々が市内で刈り取ったカヤを神社境内に運び、1日がかりで完成させたそうです。

この大茅の輪は7月13日から15日の例大祭をはじめ大祓式以降も立秋の9月22日まで設置され、神社で無病息災を祈願することができます。

氏子総代の一人は「初めての神事だったので大茅の輪の準備に大変苦労しました。氏子や地域の人々に新型コロナウイルスの禍(わざわい)がなく、早く収束してくれれば」と語られ、参列をした方々からも1日も早いウィルスの収束と無病息災を願う声が寄せられました。

 1 (2) 1 (3)

 1 (4) 1 (5)

 1 (6) 1 (7)

県内の神社でも、これまでに新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭が執り行われるなど、各地で1日も早い新型コロナウイルスの収束が願われております。

2020年6月27日

新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭

Filed under: お知らせ,新型コロナウイルス感染症 — admin @ 8:42 PM

去る6月23日、宮城県神社庁神殿にて、宮城県神道青年協議会による
新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭が執り行われました。

また同刻、会員の奉務神社にて「大祓詞」が奏上され、青年神職の方々が心一つに「祈り」を捧げられました。

遅ればせながら、紹介致します。

 リンク 宮城県神道青年協議会FB

 01 02

     03

2020年6月21日

閖上湊神社 御社殿再興地鎮祭斎行

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 8:42 PM

去る六月十九日、名取市閖上鎮座湊神社(伊藤英司宮司)に於いて、東日本大震災からの御社殿再建の地鎮祭が斎行されました。

湊神社は奈良時代に「ゆりあげ五大名王堂」として祀られた事が起源とされ、また応永年間に春日大社の御分霊を勧請し、明暦三年ご神託により旧地へ遷座されたと伝えられますが、東日本大震災の大津波により本殿を始め一切が流失し、氏子にも多数の犠牲者が出ておりました。
  過去記事→2011年3月29日

震災後は閖上日和山に鎮座する、末社富主姫神社を仮殿として鎮座されましたが、

    A   B
この度株式会社創建グループ(大阪府)、一般社団法人レジリエスジャパン推進協議会(東京都)より「災害被災神社再建・地域振興プロジェクト」として無償で再建、寄贈されることとなりました。
本プロジェクトは、白山姫神社(熊本県)、諏訪神社(福島県)に次ぐ第三弾であり、「神社再建+最新防災テクノロジー」、「神社・お寺を防災拠点に!」という理念に伊藤宮司が賛同した事により実現されました。

神事には宮城県神社庁副庁長、竹駒神社宮司村田守広氏を始め、湊神社総代長伊藤明氏、プロジェクトを担う株式会社創建代表取締役会長吉村孝文氏、設計監理を担う株式会社木の城代表取締役社長吉村直巳氏、施工を請け負う東和総合住宅株式会社相原和夫氏らが参列し玉串を捧げられました。

また、社殿の建築資材には伊勢神宮の御用材、株式会社東北特殊鋼(村田町)の邸内社である金岡八幡宮の社殿も譲渡されており、用材として使用される予定とのことです。土地区画整理事業の影響により、境内地は震災以前より西へ約500メートル移動することとなりましたが、閖上地区の鎮守としてその神威を一層に増すことでしょう。

祭典閉式に当り、伊藤宮司は「震災発生時は戦争でも起きたかの様な風景が広がり、また氏子の多くが被災して神社再建の寄付も儘ならず、途方に暮れる日もあったが、全国各地よりご支援を頂き今日を迎えられ安心致しました。これからは閖上の人々の心の拠り所として、元の賑わいを取り戻せるように努め、また、その光景を全国の皆さんに見ていただきたい」と述べられました。

新御社殿は今年末竣工の予定とのことです。

 01  02  03

 05 07 06  

 

 

2020年6月16日

新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭

Filed under: お知らせ,新型コロナウイルス感染症 — admin @ 8:45 PM

去る6月15日、気仙沼市赤岩牧沢鎮座 八雲神社(平野貞祐宮司)に於いて、宮城県神社庁気仙沼支部(支部長 熊谷正之)主催による新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭が斎行されました。

コロナウイルス感染症の流行に対しては、これまでも各神社が其々鎮静祈願祭を斎行しておりましたが、改めて気仙沼支部として、疫病退散に御神徳の高い八雲神社にて、同社の御縁日に祈願祭を斎行する運びとなったとのことです。

祈願祭では、始めに神社境内に於いて大祓式を斎行、奉仕者・支部役員併せ12名による大祓詞(おおはらえのことば)奉唱の後、天地四方の祓い清めが行われました。

 01  02

続いて社殿に昇殿し祈願祭を斎行、平野宮司による祈願の祝詞に続いて本吉太々法印神楽『初矢』(四方祓いの神楽)が神前に奏された後、宮司、支部長、宮城県神社庁より小松勝麿副庁長が玉串を奉り、新型コロナウイルスの早期の鎮静と世の平安を祈願されました。

 03  04

  05   06

祭典終了後には、熊谷支部長が『疫病退散に御神威のある八雲神社にて、支部員が力を合わせて祈願祭を奉仕したことは非常に有意義なこと。大神様の御神徳が四方に行き届き、当地方に疫病が入り来たらぬよう、また全国の災禍が早急に鎮まることを改めて祈念したい』と述べられました。

2020年5月13日

新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭

Filed under: お知らせ,新型コロナウイルス感染症 — admin @ 8:53 AM

新型コロナウィルスの蔓延は『国難』と言える様相を呈しております。

その影響は、健康面、生活・経済面に於いて既に過酷ですが、"人と人との結びつき”すら断ちかねない点に於いても深刻であると感じます。

春は春祭りの季節、本来なら神社をはじめ地域が賑わう時節なのですが、全ての神社で、それができない苦しみを抱えて過ごしております。

一方、県内各神社では、新型コロナウイルスに対し鎮静祈願祭が粛々と行われております。
宮城県神道青年協議会では、会員が奉務する神社での祈願祭の様子を掲載しております。

早期の鎮静を願いつつ、ここに紹介させていただきます。

     aaa

リンク 宮城県神道青年協議会 Facebook

2020年4月8日

コロナウィルスの蔓延について

Filed under: お知らせ,新型コロナウイルス感染症 — admin @ 9:42 PM

昨今、コロナウィルスが猛威を振るっております。

神社界でも、今は春祭りの時節でありますが、
県内いずれの神社でも、その形態の変更を余儀なくされております。

皆様も、まずはご自身の健康に留意された上で、
皆で蔓延を食い止めるよう、努力して参りましょう。

リンク:神社本庁 新型コロナウイルス感染症の発生と対応について

2020年3月11日

3月11日

Filed under: お知らせ — admin @ 9:00 PM

今日は、3月11日。
東日本大震災から9年の月日が経過致しました。

今年はコロナウィルスの蔓延により追悼の式典は行われず、皆様も各々の職場、ご家庭でその時を迎えられたことと思います。

この9年の月日は、長いようで短く、そして人それぞれに癒されようも違うことでしょう。

特に今年はウィルスの蔓延が話題に上がる事が多く、記憶の薄らぎを感じてしまいます。

改めて、あの日とその後の日々に想いを致し、そして失われたみたまが安らかに鎮まり続けますようお祈りください。

2020年2月27日

神社実務研修会

Filed under: お知らせ — admin @ 9:01 PM

去る2月25日、宮城県神社庁二階講堂に於いて神社実務研修会が開催され、県内神職凡そ50名が受講いたしました。

研修では、神社本庁総合研究部長 浅山雅司先生により『「尊厳護持」についての留意点』と題した講義を頂きました。

インターネットが普及し始めた当時『ネット参拝』が取りざたされたように、現在もまた世相が大きく変容しつつあり、神社界がどうあるべきかが課題となっております。

講義では、明治期から現代に至るまで、変化する世相に対し神社界がどのように向き合ってきたか、そして特に昨今の、メディアの発達(SNS等)、インバウンド(訪日外国人旅行客)への対応、更にはキャッシュレス化の普及などに触れながら、その中で神社としての神聖性、尊厳をいかに護持して行くかについてご教示を頂きました。

参加者は真剣に聞き入っており、非常に実りのある研修となりました。

 01 02 03

2020年2月12日

『第54回建国の日を祝う宮城県民大会』開催

Filed under: お知らせ — admin @ 9:10 PM

昨日2月11日、ホテルメルパルク仙台に於いて、『第54回建国の日を祝う宮城県民大会』が開催されました。

大会第一部では、記念映画『第126第 天皇陛下御即位をお祝いして』が上映されました。
映像は、今上陛下の幼少期からこれまで、そして先帝陛下からの皇位継承-御即位までの歩みが映し出され、今上陛下のご即位、そして新たな御代への奉祝の想いを新たに致しました。

  A (1)  A (2)

続く第二部では、記念式典が行われました。
式典は、国歌斉唱、合唱、紀元節合唱、橿原神宮遥拝に始まり、大会長 石川光次郎氏が式辞を述べられ、続いて多くの方々が祝辞を述べられました。
続いて新成人により『建国の日』に想いを込めた宣言文が朗読され、終わりに、全参列者により聖寿万歳を行い、閉式となりました。

 A (3) A (4) A (5)

第三部では、アトラクション~日本の心を伝えよう~として
緑ヶ丘第二幼稚園による『すずめ踊り・ダンス』
竹駒保育園による『竹駒よさこい』
寺崎はねこ踊り保存会による『寺崎のはねこ踊り』が披露されました。

 A (6) A (7) A (8)

いずれも華々しく真剣な踊りで、会場が笑顔に包まれつつ、大会は執り納められました。

2020年2月11日

紀元節

Filed under: お知らせ — admin @ 9:00 AM

今日は『建国記念の日』です。
凡そ2700年前に初代天皇、神武天皇が即位された日といわれ、つまり我が国のはじまりの日、
本来は『紀元節』と呼ぶべき祝祭日であります。


本日は、全国各地で奉祝行事が行われます。

皆様も、単に休日として過ごすのではなく、
゛建国をしのび、国を愛する心を養う゛(神社祭事暦より引用)
想いを以てお過ごしください

    hinomaru_dib

次ページへ »

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved