2017年6月23日

第34回東北六県神社庁関係者大会

Filed under: お知らせ — admin @ 10:00 PM

去る6月20日、仙台市 江陽グランドホテルに於いて、第34回東北六県神社庁関係者大会が開催され、各県神社庁関係者より、非常に多くのご参加がみられました。

宮城県主管としては、前回開催予定が震災の影響もあり、実に13年ぶりの開催となりました。

   01

本大会は、『過疎地域の神社の現状と未来』を主題として掲げ、日本全体が抱える問題、
とりわけ東北地方にて深刻である過疎化問題について、氏子住民と密接にかかわる神社界よりの現状認識、またこの状況を打開し未来を切り開く方策を探る場となりました。

第一部 基調講演では、皇學館大学教育開発センター准教授 板井正斉先生により
『過疎地域神社と若者の地方移住』と題した講演をいただき、
地域おこし協力隊との関りを事例に、若者の活力をもととした神社活性の方策などについてご高話をいただきました。

 03 02

第二部では、各県からそれぞれが抱える課題と取り組みについて報告がありました。
宮城県からは、亘理支部 八重垣神社宮司 藤波祥子氏が登壇しました。
震災により社殿が流失した中でも、若者のお祭りへの積極参加があることを事例にあげ、
若者と神社との結びつきの重要性についてご発表いただきました。

   04

続く第三部は、『転換期の神社像を考える』をテーマに、各県代表者による全体討論の場となりました。
宮城県からは、教化部教養班副委員長 熊谷正之氏(気仙沼支部長 八幡神社宮司)が討論を行いました。

   05

その後、閉会式、懇親会と続き、盛会のうちに大会がとり納められました。

我が国が抱える過疎化、少子高齢化は、今後益々厳しさを増してゆくでしょう。
そのような時勢にあって、地域と密接な結びつきを持つ神社の役割も重要なものとなっております。

活力ある地方の氏神として、今後も引き続き今後も引き続き取り組んでゆかなければなりません。

2017年6月9日

東北六県神道青年協議会禊錬成会

Filed under: お知らせ — admin @ 10:22 PM

先月5月30日と31日の両日、宮城県神道青年協議会主管による東北六県神道青年協議会禊錬成会が開催されました。
当日は、東北六県各地から約100名の青年神職が集い、七ヶ浜町菖蒲田浜にて、志波彦神社鹽竈神社 権禰宜 宮城県神社庁研修所訓育主任
鈴木重和先生の指導の下、「禊行」を行いました。

     00

02 03 01

座学の研修では、宮城縣護國神社権禰宜 青葉城資料展示館主任 大沢慶尋先生による「伊達政宗公が育んだ伊達な文化とは」、
新宿区新宿区下落合氷川神社禰宜 東京都神社庁訓育指導講師 守谷徳之先生による「これからの神職としての在り方と次世代への継承」
の2講を行い、本年伊達政宗公生誕450年を迎えた当地の”伊達な文化”を通した地域の活性と教化の模索について、また他地域の教化活動について学び、自身の地域での教化に繋げる貴重な学びの場となりました。

  05  06

合わせて開かれた懇親会も大いに盛り上がり、東北六県がまさにひとつとなる、有意義な研修となりました。

2017年3月20日

『 春 分 』

Filed under: お知らせ — admin @ 10:00 PM

今日は『春分』の日。
すっかり春の陽気が感じられるようになりました。

振り返れば、今年の冬は例年に比べて、極端に雪が少なかったように思います。
私たちにとっては非常に有難いことではありますが・・・農業を営む方々にとっては
水不足なども心配されておるようです。

寒さのぶり返し、急な春の雪などもあるかもしれません。
皆様もお気をつけてお過ごしください。

  06 春分   宮城県神社庁 二十四節季紹介ページ

2017年3月11日

3月11日

Filed under: お知らせ — admin @ 10:00 PM

今日は3月11日。

あの東日本大震災から6年が過ぎました。
県内各地では、様々な形で慰霊の営みが行われました。
こと、沿岸地域の神社では慰霊祭が行われたところも多いことでしょう。

海岸線を見渡せば、大きな堤防が目立つのみで、人の住まう見通しはありません。
そして、6年たってなお、被災された多くの方々は、もとの穏やかな生活を取り戻せてはおりません。

しかし、ここ一年で、防災集団移転や災害公営団地の建設が進み、
被災された方々の暮らしぶりも変わりつつあります。

みたまが安らかでありますよう、そして皆様が穏やかで過ごすことができるよう、
祈念を致します。

2017年2月27日

時局講演会

Filed under: お知らせ — admin @ 10:11 PM

去る2月24日、TKPガーデンシティ仙台勾当台を会場にして、神道政治連盟宮城県本部・仝議員連絡協議会主催による時局講演会が開催され、宮城県気仙沼市出身の衆議院議員の小野寺五典先生を講師として、『我が国の防衛と安全保障について』ご講和をいただきました。

会場には、県内神職はじめ多くの方が立ち見が出るほど詰めかけ、関心の高さが伺えました。

先生は元防衛大臣のお立場をもとに、現在の世界情勢がいかに不穏なものであるか、
そして我が国の防衛体制、国防意識がいかに危ういものであるかを熱意を以て語られて、
我々も改めてその認識、意識をもって国を支えていく決意を新たにしたところです。

  01  02 

2017年1月1日

謹賀新年

Filed under: お知らせ — admin @ 10:22 PM

謹んで新春のご祝辞を申し上げます。

皆様は、この元旦、如何お過ごしでしょうか?
初詣はお済みですか?

昨年年末から元旦にかけて、県内では非常に穏やかな天候が続き、
これは、我々にとっても非常にありがたいことでした。

この天候のように、本年も穏やかな年となりますよう、紀念致します。

2016年12月21日

『 冬 至 』

Filed under: お知らせ — admin @ 10:22 PM

久しぶりの投稿になってしましました。

12月も終盤、今日は『冬至』です。
一年の中で、太陽が最も南に寄り、昼が最も短い一日でした。
県内ではここ数日、11月中旬並みの暖かさ、
年末年始に向けて慌ただしい我々にとっても、非常にありがたいことです。

明日は荒れた天気が予想され、午後からは次第に寒さが戻ってくるようです。

体調を崩さぬよう、健やかに新年をお迎え下さい。

 tohji   宮城県神社庁 二十四節季紹介ページ

2016年11月23日

新嘗祭

Filed under: お知らせ,秋の恵みと旬の食べ物 — admin @ 10:15 AM

今日 11月23日は『新嘗祭(にいなめさい)』の日です。

「新嘗」とは、「新穀をご馳走になる」ことを意味します。
神前に新穀を供え、豊作を授けて下さった恵みに感謝を捧げ、また我々も神様と共にそれを戴いて収穫を祝うおまつりです。

今日では「勤労感謝の日」といわれ、祝日、或いは休日として捉えられておりますが、元来は大切な祝祭日でありました。

今日は全国の神社で、収穫された稲穂・新米が神前に供えられ、新嘗祭が行われます。

神社の祭祀は稲作文化と密接な関わりを持っており、新嘗祭の源流は弥生時代にまで遡るといわれております。
我々日本人にとっては、最も旧くから受け継がれ、そして最も重要なお祭りであるといえるかもしれません。

   

2016年11月21日

七五三

Filed under: お知らせ — admin @ 10:00 PM

11月は七五三のシーズンです。

七五三は、江戸時代(徳川5代将軍 綱吉の長男徳松の祝い、とも)から今に続く、通過儀礼の一つとされます。

三歳は『髪置』(かみおき)
  短かった髪を伸ばし始める歳(男女)
五歳は『袴着』(はかまぎ)
  袴を身に着ける歳 (男児)
七歳は『帯解』(おびとき)
  子供用の細い帯を解き、大人と同じ着物を着ける歳(女児)


着飾った子供さんで華やぐ、われわれ神主にとっても楽しいひと時です。

   7531   

2016年11月10日

教養研修会

Filed under: お知らせ — admin @ 10:00 PM

去る11月8日-9日、2日間2会場にかけて、
神社庁研修所主催による教養研修会が開催されました。

前回8月より2度目となる本研修会、前回と同じく、宮城県神社庁研修所講師 竹駒神社権宮司村田守広先生により、『神社運営と諸問題』についてご講義を頂きました。

両日多くの神職が受講し、有意義な研修会となりました。

  001  石巻市鹿又 八雲神社参集殿 にて

次ページへ »

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved