2011年3月29日

震災関連・閖上湊神社

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 4:01 PM

p1000113.jpgiyaiaoauiaeeaeaoeecaauaaidhaaeiu.jpgiyaiaooaeeayiaui2eaioieecaadhee.jpg


  











閖上湊神社 伊藤英司宮司からの投稿です。写真も掲載します。


写真一枚目は津波前の神社の様子。 二枚目は鳥居跡より境内を見ています。


左にあった神楽殿は基礎すら無くなっています。


三枚目は市道に倒れた鳥居 手前は社務所横にあった石碑です。



皆様にはご心配をいただき感謝申し上げます。震災から2週間が過ぎ私の方も少し落ち着いてきました。
 ご承知の通り私の住む名取市、特に沿岸部の閖上地区は大津波により壊滅的被害を受け、沢山の尊い命を喪いました。
また多くの皆様が避難所生活を余儀なくされています。電気水道、ガス、電話の復旧のめども立たず、帰る家すらすべて流されてしまいました。
湊神社に至っても御社殿をはじめ、鳥居などすべてが流され基礎だけが残る状態です。私の自宅は少し内陸の方なので助かりましたが、
津波は4キロ以上離れた実家の約200メートル手前まで達していました。
 
 震災後は地元の消防団員として、各県からの災害復興に来ていただいた警察隊、消防隊、自衛隊の捜索活動のお手伝いをしていました。
安否不明者の捜索や瓦礫の撤去をしていると、言葉にならない情景が目に焼きつき、一人になると気持ちが沈んでいきます。
一昨日で消防団員としての捜索活動も終了しました。
 宮城県神社庁、神青協そして全国の神社関係者の皆様には心強いお言葉をいただき本当に感謝いたします。
私も消防団の活動も終わり体が動きますので皆様と一緒にボランティアにまわろうと思います。
出来れば何かしないと気持が病んでしまいます。お声掛けをお願いします。
少しでも早く復興できるように努力いたしますので今後ともよろしくお願いいたします。

  閖上湊神社 宮司 伊藤英司

名取市の方でも支援の物資もだいぶ、充実してきているようです。
(名取市役所のホームページにはたくさんの情報が詳細に載っています)
これからは細かい部分でのボランティアが必要になると思われます。
一つの例として、私が助かったのは無料にて自転車のパンクを治していただいたのが、すごく嬉しく感じました。被災地では今自転車が大活躍です。
しかし瓦礫の中には小さいガラス片や釘が隠れておりパンクが多いようです。私も2回パンクしました。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved