2013年6月23日

東北六県神道青年協議会 禊錬成会

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 9:00 PM

去る6月19-20日、仙台市秋保温泉郷に於いて禊錬成会が開催され、東北六県より100名もの青年神職にご参加頂きました。

本会は、“「真の再生」~我々が進むべき道”を主題として掲げ、精神の修練と併せて、震災からの真の復興と、その中での青年神職の在りかたについて思いを致していただく事を期するものです。

       

第一講では、東北の動植物の調査を行う写真家の永幡嘉之先生により、震災以降の植生と生態系の変化、その中での神社の里山、鎮守の森の意義についてご講義頂きました。

       

 

引き続いての第二講では、研修会の主たる目的の一つとして名取川での禊行を予定しておりましたが、大雨による増水により、変更して鎮魂行法を受講致しました。

      
鎮魂行法とは、古式の行法により自らの霊魂を振い起こし充実させるもの。
志波彦神社 鹽竈神社、竹駒神社 より二人の先生によるご指導の下、大変充実した講義でありました。

その後行われた懇親会では、これまでいただいた支援に御礼を申し述べる一方で労いの言葉をいただくなど、賑々しくも和やかに親交を深めさせて頂きました。

       

 

翌20日、本研修会最後の講義として、当県石巻市鎮座 大日孁(おおひるめ)神社宮司 及川健先生にご講義頂きました。
先生は、宮司として神明奉仕に務める一方で社会福祉士としてもご精励されており、自身の凄絶なる被災体験と以降の神職として社会福祉士としての活動、そしてその中で見える課題、神職として果たすべき務めなどについてご教示を頂きました。

        

 

東北六県の持ち回りによって行われる本研修会は、本来であれば一昨年が当県の当番県でありましたが、折りしも発生した大震災により二年繰り下げての開催となりました。
震災以降様変わりしてしまった社会情勢の中、ご参加頂いた方々にとって本研修会が意義あるものであるよう願います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved