2013年10月19日

東松島市野蒜にて「観月会」実施

Filed under: お知らせ,東日本大震災 — admin @ 9:44 PM

去る10月17日、鳴瀬奥松島ICにほど近い仮設団地「鳴瀬被災者サポートセンター」集会所にて、当神社庁教化部主催による「雅楽の夕べ 観月会」が実施され、雅楽の演奏と神話の読み語りが行われました。

東松島市の社会福祉協議会が一部委託を受け支援を続けているこの団地は、
津波で地区の家屋とともに社殿が流失した白鬚神社(亀廼井宮司)の氏子を含む野蒜地区・東名地区の被災者約200世帯が入居。いまなお悩みや不安を抱えながらの生活を強いられています。

十三夜にあたる当日、会場には宮城野雅楽会(石川隆穂会長)の会員12名をはじめ多くの教化委員が駆けつけ、設営などに携わりました。

演奏が始まった午後6時ごろ、集会所の外、夜空には満月が柔らかな光を落とし、幻想的な雰囲気に。
集まった50余名の市民たちは、物悲しい篳篥や笙の旋律に耳を傾け、優雅な舞に心を和ませていました。

     

           

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved