2009年1月2日

羽根突き遊びとツクバネの実

Filed under: 宮城の自然 — admin @ 5:42 PM
今回は、お正月にちなんだ植物のご紹介をします。

お正月に行う遊びには、コマ回し、カルタ、すごろく、凧揚げなどがありますが、そのような遊びの一つである”羽根突き”に使われる”羽根”は、もともとは植物の種子を使っていたことをご存じでしょうか?

この羽根の形をした種子は”ツクバネ”というビャクダン科の落葉低木の種子で、日本では本州、四国、九州に分布しています。
花は5月〜6月に咲き、種子は晩秋から冬にかけて茶色になり堅く熟します。またツクバネは半寄生植物といわれ、他の木の根に寄生して成長します。県内では林内や林縁に生育し、冬に葉が落ち種子だけ木に残っている姿をよく見かけます。

ツクバネの種子

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

コメントをどうぞ

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved