2009年5月13日

オトシブミ

Filed under: 宮城の自然 — admin @ 1:08 PM
皆さんは、山道などで、写真のような葉っぱで作られた小さな巻物のような物を見かけたことはないでしょうか?

014.jpg  061.jpg

これは「オトシブミ」という昆虫が子供を育てるために若葉を巻いて、木から切り落としたものです。
オトシブミの仲間は日本に約20種類程生息しています。オトシブミの名前の由来は、葉を巻いて切り落とす習性が、密告や恋文など直接渡すのをはばかる内容の手紙を、道に落として人に渡す「落とし文」を連想させるからだといわれています。

052.jpg 042.jpg 034.jpg

オトシブミの一種、ヒメクロオトシブミがコナラの若葉を巻いています。自分の体よりはるかに大きな葉を、器用に巻く姿に関心します。

024.jpg

やっと葉をひとつ巻き終わったところです。この直後にどこかに飛び去っていきました。きっとまた若葉を巻きに行ったのでしょうね。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved