2010年7月1日

『鎮守の森の銘木』 第1回 羽田神社 太郎坊・次郎坊杉

Filed under: 鎮守の森の銘木 — admin @ 11:08 PM
宮城県内には、様々な神社があり、それぞれが‘鎮守の森’
と呼ばれる山々や木々に囲まれております。
そもそもは、それら自然に対する崇拝が神道の信仰のおおもとであり、
なかでも巨木・銘木とされるものは、
現在でも御神木として信仰の対象となっております。

今月からは、新たにシリーズ企画として、県内各地の境内にある
神木・銘木とされるものにスポットを充てて、紹介してゆきたいと思います。

参拝のよすがとしていただければ幸いです。

    ===============

 第1回 気仙沼市鎮座 羽田神社 太郎坊・次郎坊杉

  所在地 :  気仙沼市赤岩上羽田243番地 →リンク

  樹 種  :  スギ (宮城県指定天然記念物)

  樹 齢  :  約800年以上

   01  02

源義経の家臣であった、尾形(緒方)三郎維義の嫡子
小太郎維久、次男の維村の手植え杉といわれています。
両木とも樹高は40メートルを超える、とのこと(ファインダーに収まりません)。
樹齢もさることながら、兄弟杉として、その見事な樹勢を維持している例は、
全国でも珍しいのではないでしょうか。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved