2010年7月4日

『鎮守の森の銘木』 第2回 石巻市 零羊崎神社 九譜のモミジ 

Filed under: 鎮守の森の銘木 — admin @ 9:18 PM

所在地 :  石巻市湊字牧山七 →リンク

樹 種  :  モミジ

dsc0203lk6.jpg dsc072208.jpg dsc098.jpg

石巻市湊牧山にある零羊崎神社の境内には、零羊崎神社の中興の祖である栄存法印を祀る栄存神社が鎮座しています。

栄存法印は、豊臣秀吉の重臣として知られる片桐且元の孫で、江戸時代初期に石巻に赴き、霊山牧山の再興と石巻の発展に多大なる功績を残した人物でしたが、有力者にねたまれ無実の罪で女川江ノ島に島流しとなり、かの地で非業の死をとげました。

栄存法印は、葉が九つに裂けた珍しい「九譜(ここのふ)のモミジ」を大事にしていたと言われております。栄存神社の前には、栄存法印由来と言われる「九譜のモミジ」の大木が生育していましたが、残念な事に20年程前に嵐より倒壊してしまい、現在は見ることはできません。

しかし、零羊崎神社の境内には、栄存法印を偲んで沢山のモミジが植えられており、春から夏は新緑、秋には紅葉と、参拝に訪れる人々の目を楽しませております。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Copyright © 2007 miyagi-jinjachou. All Rights Reserved